予防接種について

予防接種のイメージ写真

「新型コロナウイルス」問題が発生し、予防接種の重要性が再認識されております。

「インフルエンザ」はじめ、「水痘・帯状疱疹」、「肺炎球菌」、など成人に有用なワクチンも登場してきており、機会を見つけて接種されることをお勧めいたします。

肺炎球菌による肺炎は劇症化しやすく、肺炎の中でも別格と考えなくてはなりません。

肺炎球菌ワクチンですべての肺炎を予防できる訳ではありませんが、肺炎球菌肺炎を予防することは重要です。

帯状疱疹は顔面に発症した場合、長年にわたり「顔面神経麻痺」という苦痛を伴う後遺症を生じ、他の部位であっても「長年にわたる疼痛」が残存するなど、対処を誤ると不快極まりない症状に悩まされることになります。

また、「麻疹」、「風疹」、「ムンプス(おたふく)」、などは大人になってから感染すると重篤な状態に陥りやすいため、これらの抗体を有していないことが判明した場合にはできるだけ早く予防接種をうけるようにしましょう。

予防接種における副反応

最も警戒しなくてはならない副反応は強烈なアレルギー反応であるアナフィラキシーショックです。

当院では「エピペン」はじめ、アナフィラキシーショックに対処できる薬品類、医療機器類を整えておりますので安心して予防接種を受けられてください。